本文へスキップ

お肌をいつもツヤプルに

お肌をいつもツヤプルに

お肌をいつもツヤプルに

最近、お肌が荒れているというあなた。肌荒れの原因にはいくつか考えられるものがあります。
まず一つ目は、睡眠時間です。7時間寝たのに、全然肌が綺麗にならないなんて言っていませんか?
7時間眠ればいいというものではないのです。時間の長さでなく、大切なのは時間帯です。例えば7時間眠ったとしても、ベッドに入ったのが2時で、起きたのが9時だったらあまり意味がありません。

お肌のシンデレラタイムは22時〜2時です。同じ7時間でも22時に寝て5時に起きるのであれば、バッチリお肌のシンデレラタイムに重なっているので、お肌がしっかりターンオーバーして綺麗になるでしょう。22時に就寝することが難しくても、12時には眠るようにしてみて下さい。嘘のようにお肌が蘇ります。

二つ目は水分です。よくお肌が乾燥しているからといって、オリーブオイルを顔に塗ったり、ボディーローションをお肌に塗ったりする方がいますが、これは油分であって水分ではありません。お肌に水かない状態に油を塗っていることになります。これで日焼けするようなことをすると、お肌には大きな負担になります。オイルを塗る前に、まずは水分を入れてあげましょう。化粧水をお肌に入れて、手のひらでしっかりと覆い、手のひらパックをします。その上からオリーブオイルを塗れば、入れ込んだ化粧水の上から蓋をするような形になり、水分不足だったお肌にも意味をなすでしょう。

オイルを塗ってばかりいると、オイリーになり毛穴が詰まってニキビの原因になってしまうこともあるので、気をつけてください。

最後は、食べ物とお通じの関係です。太るから、、とお米を止めていませんか?日本人のプルツヤのお肌は、世界中の様々な方が憧れるキメの細やかさです。そのお肌を保つためには、多少お米も必要なのです。そしてお通じですが、まずあさにかップ一杯のお白湯を飲みます。そのあとヨーグルトにモリモリ入れたフルーツを食べます。これでも足りなければスープを飲んだりするのもいいですね。

お白湯のあとに朝食をとることで、とても体の、そしてお肌の調子がよくなります。