本文へスキップ

女性の美容熱は男性のためなのか?

女性の美容熱は男性のためなのか?

女性の美容熱は男性のためなのか?

あなたは美容に関心をもったことはありますか。女性なら、少しでもきれいになりたいという欲がきっとありますよね。私も例外ではありません。

高校生のころ、お化粧はしなくても、姉の使っている化粧水をこっそり使ってみたり。まだ中学生だったのに、父親がお土産に買って帰ってくれた痩身クリームを欲しがったり。女性が美容に夢中になるのは、きっと男性のためだけではありませんよね。

私は中学・高校と女子校でした。女性には、どうして「きれいになりたい」という欲があるのか疑問に思ったことが私はあります。平成に入って、男性もエステに通ったり、お化粧したりするそうなので、このごろは「きれいになりたい」と思うのは、女性だけではないかもしれませんが。

きれいになったら何があるのでしょうか?たとえば、美容院帰りを想像してみてください。美容師さんのプロの技で、鏡に映る自分の姿はいつもより何割もましに見える。それだけで、気分がよくなった経験がありませんか。その日の晩、デートの約束があったからですか?髪を整えてくれた美容師さんがそんなにハンサムだったですか?帰りの電車の中での男性の目が気になるからですか?

たとえ、セットしてもらった髪を見るのが家族だけだったとしても、気分がよいはずです。そうではありませんか。そのことも、女性の美容に関する熱心さは男性のためだけではないといえますよね。

いつもよりかわいく鏡に映る自分の姿を見るだけで満足。そういう女性は多いはずです。

男性の中には、「きれいにしておくのが女性の仕事」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、家事・育児に追われてそれどころじゃない女性も多いのではないでしょうか。

けれど、女性はやはり女性らしくないと、女性の価値半減とは、私も残念ですが、正しいと思います。女性らしい女性は女性からも妬みの対象とはなりませんよね。そういう女性はどちらかというと、人気のはずです。

女性の中にあって、慕われる女性、それが本物の「美人」と私は思います。男性選びも、周囲の男性の信用がある人のほうがいい、と言いますよね。

それは女性にも共通のことだと思います。どの女性も、色気で男性に媚びる女性は少し嫌だと感じる気がします。女性として、女性らしくあること、それも美容につながっていると思っています。