本文へスキップ

血行をよくしてアンチエイジング

血行をよくしてアンチエイジング

血行をよくしてアンチエイジング

血行が良い顔‥少し赤味があってハリがあり、生き生きとした表情で若々しさを感じますよね。
血行が悪いと、それだけで暗くて年をとった感じ‥
見た目にもそうですが、実際に血行が悪いと肌にとって悪いことばかりなのです。

血液は、酸素や栄養素を細胞に送る循環の働きと、老廃物や疲労物質などを回収する代謝の働きをしています。
血行が悪いと言うことは、この働きが悪くなると言うことですから、栄養が行きにくくなり、代謝が悪くなると言うことです。

それがお肌にとって良いはずはありませんよね。
血行が悪いと、肌が荒れてハリやツヤはなくなり、くすんできてシミやしわが増えてきてしまうのです。

では、血行を良くするにはどうすれば良いのでしょうか。

1:血行の良くなるものを食べる
体を温めるものを積極的に摂るようにしましょう。
代表的なものは生姜です。
すり下ろしたり、スープに入れて一緒に煮込んだり、色々な方法でとることができます。
血管を守ってくれる働きもあるので、生姜はおすすめです。
また、ニンニクやコショウ、山椒、七味なども体を温めるので、上手に使うと良いですね。

2:お風呂に入る
忙しいと、ついシャワーを浴びるだけですませてしまいがちですが、たまには湯船にたっぷりとお湯を張ってゆっくりとお湯につかりましょう。
お湯の温度は36度〜40度くらいの少しぬるめの方が長くつかっていることができます。
お湯にゆっくりとつかって体が芯から温まったら、お湯の中で手や足のマッサージをすると、より血行が良くなります。
また、肩こりがある人は、肩に水(20度くらい)をかけていったん冷やし、またお湯に入って温めることを繰り返すことで、さらに血行は良くなり、こりもほぐれます。

3:体を動かして運動する
体を温めるには熱が必要で、熱は筋肉で作られます。
熱を生産するためにも、筋肉を減らさないためにも、軽い運動やストレッチを習慣にしましょう。
ウォーキングや軽い体操などが効果はありますが、それが難しい場合は、足首を上下に動かす、かかとを上げたり下げたりするなど、何かをしながらでもできるような簡単な運動でもかまいません。
筋肉を意識して体を動かし、血行を良くするようにしましょう。

他にも、半身浴をしたり、マッサージをしたり、色々な方法があるので、自分に合っていて続けられる方法を見つけて、血行の良くなる生活を習慣にしましょう。