本文へスキップ

基礎化粧品の使用期限

基礎化粧品の使用期限

基礎化粧品の使用期限

基礎化粧品にも使用期限がある事は知っていますか?美しさに磨きをかけるために日々奮闘しているのが女性です。そこで基礎化粧品なども当然使うと思いますが、使用期限を意識して使用していますか?ここでは基礎化粧品の使用期限について解説します。

・基礎化粧品の使用期限
 メーカーや種類によっては違いますが、使用期限は基礎化粧品なら未開封の状態でおよそ3年間です。開封後は半年後を目安にしましょう。製造日はいつなのか表記されるものは少ないですから、いつ頃に買ったのかも忘れてしまいがちです。使用期限を越えたものを使うのは肌に良くない影響が出る可能性もあります。

・酸化していく
 化粧品は1度でも開封すると空気入りますから、酸化していきます。例え未使用でまだ3年間たっていない化粧品でも、日光を受ける場所とか温度が高い場所に置いていた場合は、劣化しているかもしれません。また、手で触れた部分から雑菌を連れてきてしまい、それが化粧品の中で繁殖してしまう場合もあります。やはりこのような化粧品を使用すると肌にトラブルが発生する可能性があります。

・1年経過してしまったら
 基礎化粧品はそのシーズン中に使い切るのがベストですが、例えば去年の化粧品が半分残っている時は顔に付けるのではなく、目立たない肘や膝などにつけてみましょう。それで問題がなさそうなら、顔などの目だつ場所ではなくて目立たない箇所用に使いましょう。

・保存方法
 家で使うボトルの化粧品は開封するその日の日付を書いておくと良いでしょう。そして日光は避けるようにしましょう。涼しい場所で保管するようにしてください。しかし、一般的な基礎化粧品の冷蔵庫での保管に関してはやめておいた方が良いでしょう。ただし、手作りの化粧品とか完全無添加の化粧品は冷蔵庫で保管した方が良いのもあります。化粧品の賞味期限は意外と盲点で、気にすることなく使用していた人もいませんか?使用期限を過ぎた化粧品は肌にトラブルを起こす原因になる事もありますから、気を付けましょう。