本文へスキップ

洗顔は石鹸がおすすめ

洗顔は石鹸がおすすめ

洗顔は石鹸がおすすめ



洗顔料と言うと、石鹸やフォーム、粉末など色々なたいぷがあります。形状はどうあれ、洗顔料は大きく二種類に分けることができます。それは成分が石鹸であるか、そうではない合成界面活性剤を使っているかという点です。

合成界面活性剤は簡単にいうと洗剤です。洗剤を使うと、汚れがきれいに落ちます。しかし同時に手がガサガサになったり荒れてしまったりしたことのある人は多いと思います。このように、合成界面活性剤は洗浄力に優れていますが、余計な油脂だけでなく必要な油脂も流してしまうというデメリットがあります。これを毎日洗顔に使っていると、いかに肌に負担をかけてしまっているかということがわかります。洗顔の目的は、余計な皮脂や汚れを洗い流すことであって、必要以上にきれいにすることはないのです。

これに対して石鹸は主成分が主に「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」となっており、天然由来の洗浄成分のため肌に優しいです。また、石鹸には防腐剤やアルコール、着色料なども使われておらず、肌に負担をかけにくいものとなっています。

また、石鹸のpHがアルカリ性だということも優れた点です。「肌に優しい弱酸性」というキャッチコピーで売り出されている洗顔料もあります。肌は弱酸性なので、その肌質に則した弱酸性を使うことは肌に優しいかのように思われます。しかし、実際はアルカリ性の石鹸を使うことで弱酸性に戻ろうとする肌の力を引き出すことが、肌の活性化につながり結果的に良い肌を作り出すことになるのです。

また、石鹸の保湿成分がフォームに劣っているという点も、一見良くないことだと思われそうですが、実際は優れている点です。洗顔フォームで洗うと、洗った後も肌がしっとりしていることが多いです。これが洗顔フォーム自体に保湿成分が含まれているからです。しかし、この保湿成分によって洗顔後につける化粧水や美容液の浸透を妨げることにもなりかねないのです。洗顔には保湿成分は求めずに、その後行う化粧水や美容液でしっかり保湿することが良いスキンケアです。

ドラッグストアに行くと、洗顔石鹸よりも洗顔フォームの方が品揃えが良く、目につくところに置いてあることが多いです。しかし、洗顔石鹸の良さを見直して、自分のスキンケアに役立てることも必要なのではないでしょうか。