本文へスキップ

間違われた炭水化物ダイエット

間違われた炭水化物ダイエット

間違われた炭水化物ダイエット




人生のなかで、一度でもダイエットをした経験があるという人は、多くいらっしゃると思います。なかでも、最も効果的なダイエットとして、ご飯やパン、いも類などの炭水化物を抜く炭水化物ダイエットだと思われがちなのです。炭水化物は、1日に摂取するカロリーの約半分を占めているといわれています。

ですから、炭水化物を摂取しないようにすることで、1日のカロリーを簡単に制限することができるので、結果的にダイエットにつながっていくと思われているのが現状なのです。しかし、その考え方は大きな間違いなのです。炭水化物の中には、たんぱく質、脂質、糖質といった三大栄養素が含まれているのです。

その三大栄養素により、体内の血液をつくりあげてくれたり、体内にたまっている脂肪を分解してエネルギーに変えてくれる働きをしてくれるのです。また、炭水化物は、体内で糖質に分解されることで、糖質が脳の栄養にもなってくれるので脳がしっかりと働くようになってくれるのです。

ですから、炭水化物を摂取しないようにしてしまうと、脳がうまく働かず集中力がなくなってしまったり、思考力が低下してしまったりすることにより、やる気をなくしてしまうのです。ひどい時には、低血糖症になったりもするのです。

さらには、筋力が落ちてしまうことで、生活する上で支障をきたしてしまうことにもなりかねないのです。その他にも、炭水化物を抜くことによって、体が勝手に餓死してしまうのだと判別してしまうことで、たくさん体内に栄養を蓄えるようにしよとして脂肪を蓄えてしまい、結果的にリバウンドすることになってしまうのです。

炭水化物を抜くことで、せっかく体重が簡単に落ちたとしても、それと同じだけのデメリットがあるならば、体には悪影響でしかないのです。このように、炭水化物は、健康的な生活をしていくために必要不可欠なものなのです。その為、一定量の炭水化物を日々摂取していくことが大切なのです。