本文へスキップ

お肌に良いのは酸性?アルカリ性?

お肌に良いのは酸性?アルカリ性?

お肌に良いのは酸性?アルカリ性?


敏感肌向けの化粧品によく見られるうたい文句が「弱酸性」です。一方で、石鹸などのアルカリ性の物は「刺激が強い」とされ、敬遠される傾向にあります。

ただ何となく、お肌に優しそうだからと弱酸性とアピールされた製品を使っていませんか?刺激が強そうだからと一概にアルカリ性の製品を敬遠していませんか?ただ何となくで判断しているという方は、実はとても損をしているかもしれません。何故なら酸性でも肌に適切であるとは限らない上に、アルカリ性の特性を生かした良品を見逃している、という事になるからです。

今一度、酸性とアルカリ性のお肌に対するメリット・デメリットを確認してみましょう。例として、温泉に入った時のお肌を想像してください。温泉には酸性泉とアルカリ性泉がありますが、どちらも入浴後はツルツル・スベスベの美肌になりますね。結果的にはどちらも同じ「美肌」というゴールですが、酸性とアルカリ性ではそのゴールに至るアプローチ方法が異なります。

酸性のお湯の効果はピーリング効果、すなわち肌の一番上の古い角質を溶かす作用があります。ガサガサした古い角質を溶かし去ることで、お肌がツルツルになる美容効果が得られるのです。デメリットは、皮膚を溶かすため、刺激が強いと言わざるを得ない点です。

アルカリ性のお湯の効果は皮膚の油分(汚れ)を落とす作用、即ち石鹸の作用があります。皮膚の汚れが落ちてキレイな状態になるため、ツルツルになります。デメリットは、油分が取られ過ぎて肌が乾燥してしまうことがある点です。

敏感肌は乾燥にも悩まされている場合がほとんどです。そのため、アルカリ性の物はただでさえ枯渇している油分を取り去ってしまうのでNGとされているのです。

そこで、たいていの敏感肌向けの製品、特に洗顔料などは洗浄力がマイルドで皮脂を取り過ぎない「弱酸性」をアピールしているのです。

酸性が一様に肌に優しい訳ではありません。上述したように、酸性の特性はピーリングにあります。皮膚を溶かすので、濃度が高くなれば当然皮膚を溶かし過ぎ、肌を傷つけてしまいます。

アルカリ性が皮脂(油分)にアプローチするのに対し、酸性は古い角質にアプローチするので、油分不足で乾燥し敏感になった肌には、酸性の方が比較的良い、という事なのです。

酸性とアルカリ性どちらか一方が良い・悪いではなく、双方の特性を理解して、自分の肌に合ったケアをしていく事こそ重要なのです。