本文へスキップ

美肌の仕組みを知ること

美肌の仕組みを知ること

美肌の仕組みを知ること




女性にとって赤ちゃんのような美肌は永遠の憧れです。お肌は遺伝も少なからずありますが、ほぼ環境によって決まります。つまりもともとの肌質があまりよくなくてもケアや環境で美肌に近づくことはできるということです。では、ここで大切なことは知識を得ることです。知識があると意識がかわり、そのあとの行動が変わります。美肌に大切な知識をお伝えしましょう。


1、老化は何歳から始まるのか
老化といいますが、一般的にお肌の曲がり角と言われるのは20歳や25歳、30歳などという意見が多いです。しかし、実際に老化が始まるのは14、5歳からです。成長期が終わると直接命に関わらない皮膚には栄養がいきにくくなります。お肌の中の老化がこの歳からなので、表面に現れるのは20歳や25歳と言えるでしょう。まだまだ行けると思っている18歳19歳の方、すでに老化は始まっていますよ。

2、お化粧品はどこまで入るのか
女性が老化すると一番にすルコとはお化粧です。化粧水や乳液で保湿をするようになり、それだけでは足らずファンデで隠すようになります。では、化粧品はお肌の中まで入るのかというとそうではありません。お肌にはバリア機能があり異物混入から守る役割となります。つまり、栄養の高い値段の高いお化粧水をつけても表面にしか作用しないということです。

3、お肌に大切なのは何か
お化粧品では綺麗にならないのであれば何をすればよいのでしょうか。お肌に大切なことは水分、清潔、血行です。化粧水などの水分力も大切で、クレンジングなどの清潔も大切ですが、何より大切なのは血行です。血行がよいと自ら水分をキープする力があり、自ら清潔に保とうとする力があるからです。子供の時に化粧しなくで良かったのは血行が良かったから必要なかったのです。体を運動したり、お顔のマッサージなどで血行ケアを行うことが美肌の一番の近道です。しかし、マッサージがよいと言ってもお肌の状態によってやりすぎるとダメな場合があるので、お肌の知識とお肌の状態を見極める目も大切だと言えます。