本文へスキップ

美白と美肌の共通点

美白と美肌の共通点

美白と美肌の共通点


美白をする為には、まず美肌を作る・保つ必要があります。肌トラブルは人それぞれですが、肌の水分量が大きく関係してきます。皮膚表面にトラブルが出てくるという事は、体内に何かしら原因があると言われており、まずはそれらを解決する事から始めなくてはなりません。

吹き出物が出ている場合は、吹き出物が出ている場所によって内蔵の不調や自律神経の乱れが関係してくる事があります。胃腸が弱っている時は口周り、ストレスを強く感じている時や自律神経のバランスが崩れている時はフェイスラインに吹き出物が多く出ると言われています。生活環境や生活習慣、食生活の改善等によってそれらの解消をすると自然と治ってきます。

また肌に原因がある場合もあり、メイクや汚れが落ちきっておらず、皮脂が酸化して黒ずみが出来たり、雑菌が溜まって吹き出物となる事があります。クレンジング料やクレンジングの正しいやり方を身につけ、その日の汚れはその日のうちに取る必要があります。

また、洗顔やピーリング剤によって汚れや厚くなった角質層を取り除くと肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを正常に戻す事に繋がり綺麗な肌を作る近道とも言えます。皮膚表面を薄すぎず厚すぎない、その人にとって最適な状態に保つ事によって、肌本来の姿を作り出し、スキンケア用品の浸透率も上がります。

ピーリングを取り入れる事によって美白効果も期待出来る為、美肌と美白の両方に効果があります。また、日焼けは肌の大敵と言われますが、日焼けをする事によって肌の色が変わるだけでなく、乾燥も招き、乾燥によるトラブルも引き起こします。

吹き出物は皮脂が多いと出来やすいと思われがちですが、乾燥していると油分が足りないと体が判断し通常より多く油分が作られてしまい吹き出物となる事もあります。日焼けとは軽い火傷と同じ状態であるので、日焼け直後に美白化粧品を使ってしまうと却ってそれが刺激となりトラブルを起こしかねません。

日焼け直後〜一週間程は美白化粧品よりもしっかりと保湿を行い、炎症が治まってから美白化粧品を使ったほうが効果的です。日頃から肌の水分量を多く保つ事によって日焼けによる乾燥も防ぎ、肌トラブルもおこしにくく、美肌にも美白にも繋がります。