本文へスキップ

現状を保つ!日焼けをできるだけ抑える方法

現状を保つ!日焼けをできるだけ抑える方法

現状を保つ!日焼けをできるだけ抑える方法



美白、肌を白くというのは憧れますよね。
しかし、いくら日焼け止めをこまめに塗り直してみても、日焼けしやすいものを食べていたらよりよい効果が得られないかもしれません。

日焼けしやすい食べ物とはなんでしょうか?それを知って、今の肌の色を保ちましょう。

さて、これから外に出るというときに控えて欲しいもの、それは「柑橘系の果物」です。柑橘系というと、オレンジやグレープフルーツがこれにあたります。
果物にはビタミン、特にこれらのさっぱりとした柑橘類にはビタミンCが多く含まれているので、日焼けの原因となる「活性酸素」の働きを抑える効果があるのでは?とお思いでしょう。それについては正解です。ビタミンCが含まれているイチゴなどはレモンなどよりも多くビタミンCが含まれますので、食べてから出かけると日焼け防止の効果が期待できます。

しかし、柑橘系の果物にはビタミン以外に「ソラレン」という、紫外線を吸収しやすい成分が含まれているのです。いくら外からの日焼け止めがばっちりでも、中から紫外線の影響を受けやすいものを入れてしまっては、勿体ありません。日焼けはシミなどの原因にもなるので、長い目で気をつけていきたいですよね。

こちらの「ソラレン」は体に入ってから2時間をピークに働きます。ですので、これから外へ出る予定があるときは控えた方がベターです。朝にオレンジジュースなどを飲みたくなりますが、日差しが強そうだと感じるときは、たまに控えてみると良いかもしれません。

しかし、さきほども書いたように柑橘系の果物にはビタミンも多く含まれていて、お肌にも良いので、これからの予定や食べる時間次第ではもちろん摂取してもらっても大丈夫です。

紫外線からの影響を少しでも抑え、納得のいく肌を手に入れましょう。
毎日のちょっとした気配りで、周りと差がついてきますので、すぐに効果が目に見えてこないかもしれませんが、コツコツと続けていきましょう!この積み重ねがきっと、1カ月後、1年後のあなたを幸せにしてくれます。