本文へスキップ

油断大敵!日頃から気を付けたい紫外線対策

油断大敵!日頃から気を付けたい紫外線対策

油断大敵!日頃から気を付けたい紫外線対策


夏になり、紫外線がたくさん降り注ぐ季節になりました。気づくとたまに新しいシミができていたりしてとてもショックを受けたこともあります。

シミができる原因は紫外線、ストレスによるホルモンバランスが崩れた時にもできるのです。またニキビによる炎症でなってしまうシミもあります。肌は一定の周期で新陳代謝を繰り返します。

そらが乱れると皮膚のメラニン色素を除去できなくなり、沈着してシミになってしまいます。シミは頬や額、目の周りに出来やすいとされています。乾燥肌、もともと肌が白い人が出来やすいです。

シミ対策として前提なのは外に出るとき、外に出ない時でも日焼け止めを塗ることです。曇りの日も雨の日も紫外線がなさそうと思っていても実は紫外線が晴れのときより量が多いのです。日焼け止めクリームだけではなく、サングラス、日傘、長袖を着たり、帽子をかぶるだけで効果があります。夏は特にこの対策をするべきです。

ミネラルとビタミンをとると新陳代謝がアップし表皮が角質となって剥がれ落ちるときメラニン色素も一緒に排出されます。食事からもとれますが、私は確実にとりたいのでビタミンはサプリメントでとるようにしています。

十分な睡眠をとることでもシミ対策になります。夜10時から午前2時はお肌のターンオーバーの時間です。このくらいの時間に睡眠をとるといいです。

シミができてしまったあとの対処法があります。まずは化粧水やクリームで保湿をしっかりするようにします。
シミはうるおいをなくした乾燥した肌に沈着してできます。それに水分を補充することで少しずつシミを薄くすることができます。

シミができる前にもビタミンを取ることで対策ができると書きましたが、できたあとにもビタミンは効果的です。サプリメントでとることはもちろん、なるべく日々の食べ物に野菜や果物を多く摂るように意識するだけでも肌に栄養を与えシミを薄くすることができます。

毎日の生活を少しだけでも気をつけて、シミ対策をしましょう。