本文へスキップ

シワ予防はお早めに

シワ予防はお早めに

シワ予防はお早めに

20すぎたら10代の頃と違い、美容的な悩みが増えまくります。シワもそのひとつです。私は、23歳頃からほうれい線のシワが気になるようになりました。朝の段階だと、顔がむくんでるからシワのように見えるだけだとそこまで気にしてませんでしたが、昼になっても消えないと年を感じました。

とりあえず、指でシワを伸ばせば少しはましになるだろうとしていましたが、指で伸ばすだけでは何の効果もありませんでした。美容クリームを塗るときにマッサージのようにすれば良いのではないのかと思い、次はマッサージをしました。

シワの肉を耳に向かうように伸ばすようにマッサージをして、耳から首にかけてリンパの流れがあると聞いたので指で耳から首に流れるようにマッサージ。また頬肉を耳に向かうようマッサージからの耳から首に流れるようにマッサージ。

これを続けたら少し、シワが解消されたように感じました。そして、顔全体をマッサージするので顔が引き締まったようにも感じました。でも、私が基本美容クリームを塗るのは化粧をする前の朝と風呂上がりの夜の2回です。

朝は、家事をやって仕事に行く準備もあり忙しいののでマッサージは中々できません。夜は夜で、風呂は長湯をしてしまうので風呂上がりは美容クリームを塗ることを忘れるくらいだらけていることが多く、あまり続けることができずにほうれい線が戻ってきました。

そんな私が今行っているシワ撃退法は髪を渇かすときに声を出さない一人で歌うことです。歌っているのを家族に聞かれるのは恥ずかしいので私は口パクでしています。歌うというより、口を動かすのは大きくします。そして母音がUとOの文字はより気をつけて口を動かします。

母音がUとOの文字を口で動かして言うと自然と口をすぼめるかたちとなり、シワがのびます。基本的に母音がUとOの言葉を口にすればいい話ですが、それじゃ退屈ですし飽きるので私は口パクで歌うことにしています。そして、たまに母音がUとOのときにの場面に口パクで歌うのを止めて全力で息を続く限り吐き出します。こうすることで、自然とお腹に力が入るのでインナーマッスルも鍛えることができます。

あと、たまに口パクで歌うネタがないときは変顔をします。風呂上がりで髪を渇かすときはドアも閉め一人きりの状態で行うので変顔をしても家族にばれることもありません。変顔は、口をチューする口にしてそのまま右上左上と動かします。

交互に何回か繰り返したら舌で口の内側で気になるシワのところを伸ばすようになぞります。でもこれは、めんどくさいと思ってしまうので口パクで歌うことが多いです。口パクシワ伸ばしも風呂上がりの髪を渇かす5〜10分程度の短い時間なので苦痛にもなりません。むしろ、暇潰しになって私には最適でした。