本文へスキップ

お肌のシワ対策について

お肌のシワ対策について

お肌のシワ対策について



まず、シワができる1番の原因は、乾燥です。乾燥すると、皮膚の水分量が減るので肌の老化が進みます。乾燥の原因は血液の酸性化です。血液が酸性化すると、血糖値や血圧が上がり、体内では賄い切れない程水分量が枯渇します。

原因は、殆どが食べ過ぎによる物です。食べ過ぎの基準は個人の体の強さによって異なりますが、その範囲を超えて摂取してしまうと有用な成分も受け付る事ができずに有害物質へと変化してしまうからです。

その余分な栄養分が長く体内に脂肪として溜まると過酸化脂質になり、血液を酸化させて動脈硬化等の血管の病気を引き起こします。血管を綺麗に保つ事は、肌の若さをキープする最重要事項となります。

次に、シワには、表皮性の物と真皮性の物があります。表皮性の物は目尻や眉間、額にでき、加齢による新陳代謝の低下や角質層の水分量の減少の所為で起こります。浅くて細かいのが特徴です。

真皮性の物は、コラーゲンやセラミドの減少による肌の弾力の減少の結果できる深いシワです。また、紫外線が原因の場合もあり、長く当たらないようにする必要があります。体にいいからと言って、太陽光を浴び続ける必要はありません。30分も外に出れば充分体調は整うので、日常生活で賄えます。

そして、シワを予防するには、紫外線をカットしなければなりません。紫外線は、曇りの日や冬にも沢山降り注いでいるので、毎日のケアが必要です。外出時には、日焼け止めやUVカットの衣類の着用をお勧めします。1時間程度の外出であれば、日焼け止めのSPF30、PA+++の物で充分です。SPFやPAの数値は、どれだけの時間まで日焼けを防止できるかの指標だからです。高い数値だからと言って、効果が上がる物ではありません。

衣類は、通常の物であれば黒色で網目の細かい物や襟の詰まった物が良いのですが、ファッションのバリエーションも減るし、夏には厳しいです。

UVカットの衣類であれば、色もピンクや青色等様々な色が選べ、暑さも感じないのでお勧めです。最後に、シワができてからの対策としては、スキンケアが重要です。ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲン等が配合の化粧品を使うと効果的です。不足している栄養分を皮膚から吸収させます。

ビタミンC誘導体は体内に入ってからビタミンCに変化するので、蒸発しにくいです。その為、ビタミンCで摂取するよりも有効成分を大量に皮膚に染み込ませる事ができます。

コラーゲンは不足すると細胞の劣化に繋がり、紫外線によるメラニン生成の効果を高めます。ヒアルロン酸は、潤い成分なので不足すると肌の爽やかさが消え、一気に老化を進めてしまいます。

年齢を重ねると老廃物の蓄積量が増す為、必要な成分が蓄えられにくくなるので、毎日の補給が必要です。また、表皮性の物に関しては、顔の筋肉を動かすと改善できます。意識して舌を出し、上下に運動したり、大きく口を開けて声を出すと良いです。