本文へスキップ

乾燥肌対策・保湿ケアについて

乾燥肌対策・保湿ケアについて

乾燥肌対策・保湿ケアについて




まず、乾燥は、細胞の老化から始まります。この部分をどうにかしないと、いくら化粧水や乳液で栄養分を補給しても効果がありません。皮膚は、細胞の1つ1つから構成されているからです。
細胞の乾燥は、乱れた食生活による睡眠不足や不要な脂肪の蓄積によって起こります。睡眠不足になると、脳が体内リズムのタイミングを誤ってしまうので不要なホルモンが大量に流出してたり、必要な時に必要な機能が亢進できなくなります。

次に、細胞は血液の影響によって、綺麗に保たれたり、老化を早めたりします。
最も血液の状態に作用するホルモンはインスリンで、不足すると血糖値を上昇させて血中を酸性にしてしまいます。血糖値を上昇させるホルモンは沢山ありますが、低下させるのは膵臓のランゲルハンス島のβ細胞にあるインスリンだけです。

インスリンは、特に血中の糖質に瞬時に反応し、余分な栄養分が血管に残らないようにする働きを担います。
余分な栄養分が血管に残るとプラークとなり、固まるので血管を狭めてしまうので細胞の劣化を招きます。それを防ぐのが、インスリンの役目です。

しかし、インスリンには、限りがあります。元からない人もいれば、量が少なく生まれた人、健康な場合でも食べ過ぎで使い切ってしまう事があり、無くなれば細胞は老化し、乾燥し切って2、3日で絶命します。インスリンが無いと、血液の酸化を防ぐ事ができないからです。

そして、血液の酸化を防ぐ為には、1日1.5L以上の水分の摂取と野菜や果物、サプリメントからビタミンやミネラルを摂る事が必要です。
ビタミンが糖質や脂質、タンパク質の代謝を促してくれるおかげで体内の水分量が増し、細胞の乾燥を防いでくれます。

また、ミネラルの有用成分が必要な成分を体に届けてくれる為、肌が活性して美しい状態をキープできます。体内の乾燥がある程度整い、汗をかけるようになったら、保湿ケアに効果が発揮されます。

最後に、保湿ケアについて、お話します。保湿成分は、ヒアルロン酸やセラミド配合の物や酵素が含まれている物がお勧めです。

ヒアルロン酸やセラミドは、肌の成分として働き、酵素は細胞を活性化して肌の水分量を上げてくれます。乾燥していても、水分量が補給できる状態にあれば、肌は若々しさを取り戻してくれます。

また、ナノサイズの微粒子の物を選ぶと、肌への浸透力が高まるので、乾燥の無い綺麗な肌を保てます。特に、お風呂上がりや汗をかきにくい環境にいる時は乾燥しやすいので、化粧水や乳液を付けて肌の保湿を保ちましょう。

保湿された細胞は代謝を繰り返し、綺麗な皮膚を保ってくれます。乾燥が無くなると、肌荒れの悪循環も消えるので栄養がきちんと作用されて、細胞が正常なのサイクルで機能します。2か月もすれば、肌の体質も変わってくるので、毎日のケアを怠らない事が重要です。