本文へスキップ

肌バリアをつくって乾燥肌とサヨナラしよう!

肌バリアをつくって乾燥肌とサヨナラしよう!

肌バリアをつくって乾燥肌とサヨナラしよう!




新年になり、もうすぐ節分がやってくる季節に、肌がカサカサになったりしませんか?
肌だけではありません。目が痒くなり、鼻がムズムズ…。そう!あの辛い‘’花粉の季節‘’が間もなくやってくるのです。

花粉症の人が、乾燥肌に悩まされるというのはよく聞く話です。症状が出る前に、日頃のスキンケアを入念にしておきましょう。

では、どのようにスキンケアをすれば良いのでしょう?それは、‘’肌バリア‘’を強くすることが大切です。

乾燥肌の特徴の1つに、「肌の水分量が足りない」があります。朝、洗顔後にパシャパシャ化粧水をつけているけど…。お風呂上がりにも必ずつけているけど…。化粧水をスキンケア時に使っている人は多いはずです。しかし、残念ながら洗顔時や就寝前だけの化粧水では足りないんですね。

花粉症の人にとって、他の季節ではしない動作をよくしますよね。鼻水がポタポタと垂れ、涙が出て目を擦ります。ティッシュやハンカチで顔を拭うことが1日に何回あるか…。その動作は肌に負担をかけ、乾燥肌へと導いてしまいます。特に鼻の周りは酷く、真っ赤になり傷みまで出てきてしまいます。

そんな時こそ、‘’肌バリア‘’です。肌に水分をたっぷり与え、摩擦に対して強い肌にしておくのです。
作り方は簡単!スプレーボトル(小)をスーパーなどで購入し、今使っている化粧水を入れ、携帯するだけ。

お出かけ中は、トイレで化粧直しする度に、化粧の上からシュッ!自宅にいるときは、洗面所で手を洗う度に、顔にシュッ!この手間が‘’肌バリア‘’をつくるコツです。

もちろん、洗顔後や就寝前のスキンケアも忘れてはいけません。特に就寝前のケアは大事!肌は、汚れていない!保湿されている状態!が理想的。寝ている間に肌は修復され、透明感のあるつや肌に変わっていきます。

また、就寝前はコットンにたっぷりの化粧水をつけ、3分パックをするのもおすすめです。時間に余裕がある人は、この3分パックを毎日やってもいいかもしれません。

このように、花粉の季節の乾燥肌予防に、携帯化粧水はいかがでしょう。こんなに化粧水を使って、化粧水がもったいない、お金が続かない、と思う人がいませんか?

よく、考えてください!添加物てんこ盛りの高級化粧水って、本当に肌に良いものでしょうか!?化粧水はシンプルで新鮮なものが一番ですよ。消費期限が長いものを肌につけるのは危険です。そして、パシャパシャと惜しみ無く化粧水を使う!これが‘’肌バリア‘’をつくる道です。